fc2ブログ

★AMERICAN DREAM TRIP JUNE 22TH / WASHIGTON,DC / NATIONAL AIR AND SPACE MUSEUM UDVAR-HAZY CENTER★

★AMERICAN DREAM TRIP JUNE 22TH / WASHIGTON,DC / NATIONAL AIR AND SPACE MUSEUM UDVAR-HAZY CENTER★

     ★2012年6月22日 金曜日/ FRYDAY,JUNE 22★


        ★★WASHINGTON,DC / ワシントンDC★★


★国立航空宇宙博物館・別館 ウドバーハジーセンター /
NATIONAL AIR AND SPACE MUSEUM UDVAR-HAZY CENTER★


        2012+USA5+087_convert_20130424191140.jpg




★朝鮮戦争とベトナム戦争の航空 /
           KOREA AND VIETNAM AVIATION★


       2012+USA5+117_convert_20130424185911.jpg

このふたつの地域戦争は、アメリカと旧ソビエトの代理戦争であり、両国の最新鋭航空機と兵器の実験場でもあった。代表戦闘機のF-86AとMig-15はともにナチス空軍の計画機を参考に造られたことは、皮肉な巡り合わせと思わざるを得ない。



★グラマンF-14D“トムキャット”/
              GRUMMAN F-14D“TOMCAT”★


       2012+USA5+105_convert_20130424185415.jpg

1960年代後半、F-4ファントムがソビエトのミグMiG-25やスーSu-11の性能に劣ることを知った米軍が、その差を埋めるために短期間で開発した多目的戦闘機。1970年初めから2000年まで、アメリカ海軍の主力機として湾岸戦争など、数々の軍事作戦で重責を果たした。攻撃目標地点上空の制空、敵の対艦ミサイル撃墜、艦載攻撃機の護衛など多岐にわたる任務を行うため、複座(2人乗り)となっている。
尾翼のネコはマンガやアニメで有名なフェリックス・キャットである。
大ヒット映画『トップガン』に登場し、飛行機マニア以外にも広く知られる戦闘機である。




★チャンス・ヴォートRF-8G“クルセイダー”/
       CHANCE-VOUGHT RF-8G“CRUSADER”★


       2012+USA5+109_convert_20130424185542.jpg

1957年からアメリカ海軍に配備された、マッハ2級の超音速艦上戦闘機F-8の写真偵察型。特徴のひとつが着艦時の安定性。通常着艦時、機体をかなり引き起こす必要があったが、取付角可変主翼の採用によりこれをせずとも減速が可能となった。
第2次世界大戦時のエセック級の小規模空母でも運用でき、ベトナム戦争にも使われた。




★ロッキードT-33A“シューティングスター”/
        LOCKHEED T-33A“SHOOTING STAR”★


       2012+USA5+111_convert_20130424185657.jpg

第2次世界大戦末期に初飛行し、朝鮮戦争に実戦投入されたP-80を胴体延長して複座練習機にしたものが、1948年に初飛行したT-33である。1950年代初めにレシプロ戦闘機(往復運動を回転運動に変えてプロペラを回すエンジンを装備した戦闘機)からジェット戦闘機への急転換が起き、ライバル機がなかったT-33が量産された。
日本では川崎航空機がライセンス生産して、NATO加盟国軍や航空自衛隊にも採用された。




★ノースアメリカンF-86A“セイバー”/
          NORTH AMERICAN F-86A“SABRE”★


       2012+USA5+114_convert_20130424185759.jpg

アメリカは、押収したドイツ空軍のジェット戦闘機計画から、企画段階のメッサーシュミットP.1101のシンプルかつ洗練されたスタイルに注目、このデザインを参考に設計されたのがF-86である。
アメリカ空軍のF-84、海軍の初代ファントム、パンサーなどは、戦線上空に突如現れたMiG-15には明らかに劣勢であったがその状況が逆転した。




★ミグMiG-15“ファゴット”/
       MIKOYAN-GUREVICH MiG-15“FAGOT”★


       2012+USA5+115_convert_20130424185824.jpg

旧ソビエトもドイツ空軍の機密書類を押収したが、その中にフォッケウルフ(Ta183)フォッケバインの斬新なデザインの計画資料を見つけた。これを基に設計されたのがMiG-15である。
当初は要求性能を満たすエンジンがなく、ロールス・ロイス社の技術を導入したRd-45を装備して実用化した。
35度もの後退翼をもつMiG-15は1950年11月に、朝鮮戦争の上空に現れ、軽快な運動性と卓越した高空性能でアメリカ軍を慌てさせた。展示機は中国人民軍の塗装。





         ★冷戦期の航空 / COLD WAR AVIATION★

アメリカ、西側諸国と旧ソビエト連邦、東側諸国が、核戦争を想定して相対していた時期の両陣営の戦闘機


★マクダネルF-4S“ファントムⅡ”/
           MCDONNELL F-4S“PHANTOMⅡ”★


       2012+USA5+112_convert_20130424185718.jpg

上半角の主翼と下半角の水平尾翼の怪異なスタイルをもつ、マッハ2級の複座戦闘機である。
アメリカ海軍、海兵隊、空軍のみならず日本の航空自衛隊、イギリス海軍、空軍、西ドイツ、イスラエル、イラン、サウジアラビアなどの西側諸国の主力戦闘機でもあった。




★ミグ21F-13“フィッシュベッド”/ MiG-21F“FISHBED”★

       2012+USA5+118_convert_20130424185935.jpg

1960~70年代、旧ソビエト、中国、北ベトナム、ポーランドなどの東側諸国の空軍で使用された。
デルタ主翼に後退角をもつ、特殊な外観の戦闘機で、当時世界で最も経費効率の高い戦闘機といわれた。
性能はF-4ファントムにかなり劣ると思われていたが、第4次中東戦争の空中戦で、エジプト空軍のMiG-21がイスラエル空軍のF-4を撃墜して、その格闘能力の高さを示した。





★朝鮮戦争とベトナム戦争の航空 / 冷戦期の航空 
                       & カリスマッチョ★


     2012+USA5+097_convert_20130424185040_20130425224047.jpg



航空マニア、戦争マニアがよろこぶ近代航空機の数々・・・

IF YOU COME HERE・・・
 SYLVESTER STALLONE / シルベスター・スターロン



              top 005

               ★カリスマッチョ & ランボー★


Thank You Sir !!!



P.S.
MUSCLE STORY13 COMING SOON・・・
THANK YOU!!!


NATIONAL AIR AND SPACE MUSEUM UDVAR-HAZY CENTER & TWINS MUSCLE

スポンサーサイト



テーマ : アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル : 海外情報

2013/05/09 00:11 | ご紹介COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
アフィリエイト・SEO対策