FC2ブログ

★AMERICAN DREAM TRIP JUNE 24TH / WASHIGTON,DC / SMITHSONIAN / NATIONAL GALLERY OF ART★

★AMERICAN DREAM TRIP JUNE 23TH / WASHIGTON,DC / SMITHSONIAN / NATIONAL GALLERY OF ART★


     ★2012年6月24日 日曜日/ SUNDAY,JUNE 24★


        ★★WASHINGTON,DC / ワシントンDC★★


            ★GEORGETOWN / ジョージタウン★

       2012 USA2 610

PM 1:00
      ヨーロッパの小さな町のようなジョージタウンの観光終了です。



       DSC00603_201404201933100d2.jpg

帰りも同様サーキュレーターに乗ってワシントンDC中心部まで移動します。



               ★SMITHSONIAN / スミソニアン★


★NATIONAL GALLERY OF ART /
                    ナショナルギャラリー★


       15553551.jpg

ナショナルギャラリーは、13世紀から現代までの絵画や彫像を中心とした西洋美術のコレクションで知られており、その質の高さと量は、パリのルーブルに匹敵するともいわれている。歴史の浅いアメリカではあるが、多くの富豪たちが競って世界の優れた美術品を買い求めた。その名作の数々が“無料”で公開されている。


       2012 USA2 666

実は、ナショナルギャラリー所蔵の美術品のすべては、一般市民から寄贈されたものか、寄付金で購入してものだ。運営、維持費は国家予算から支出されるものの、美術品の購入に関して連邦政府は一切お金を出していないのである。なんとスケールの大きい、アメリカらしい話である。


       IMG_9793.jpg

コレクションの総数は11万6000点にも達する。美術館のハイライトはイタリア国外では最高といわれるイタリア美術。なかでも、ヨーロッパ以外で見ることのできる唯一のレオナルド・ダ・ビンチの絵画『ジネブラ・テ・ベンチの肖像』は、国内外ともによく知られる名作。
ほかにも、ラファエロ、レンブラント、エル・グレコ、フェルメール、数多くのフランス印象派画家など、美術館を見学することによって西洋美術史の総ざらいもできる。美術館の核となる作品は、創設者でもあるアンドリュー・W・メロンを中心とした多数のコレクターによる寄贈品。20世紀美術や彫刻庭園も加わって、ギャラリーはいっそう見ごたえのあるものになっている。




        ★★GROUND FLOOR / グランドフロア★★

       apl22 014

                   ★彫刻彫像と装飾美術★

グラウンドフロアも常設展示スペースには、何世紀をも生きてきた名品が呼吸している。ルネッサンス時代や中世の彫刻彫像、家具調度品が並んでいる。


img_1.jpg img_2.jpg

         『ゲッセマネの庭』            『はりつけキリスト』

今から500年前ルネッサンス時代の代表するタペストリーでオランダ人バーナート・ヴァン・オーリーがデザインし、その工房で当時最高の技術で織られたもの。



                 1f7500817b2c7ae00a0f3e0e94957a66.jpg

                        『フランスの代議士』

彫刻彫像のコーナーで一番人気がドミーエ作品のブロンズ像で代議士36人の顔がコミカルに表現されている。



                 img_4.jpg

                    『マリー・アントワネットの机』

マリー・アントワネットが3年間の監禁で使った小さなライティングテーブル



                  2012 USA2 668

                    『ロダン作品 考える人』


                2012 USA2 669

                ★考える人 & カリスマッチョ★



P.S.
次週からは・・・MAIN FLOOR/メインフロアの絵画をご紹介致しま~す♪♪♪


        2012 USA2 691


GOD BLESS YOU ・・・




P.S.
MUSCLE STORY14 COMING SOON・・・
THANK YOU!!!


NATIONAL GALLERY OF ART & TWINS MUSCLE

スポンサーサイト



テーマ : アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル : 海外情報

2014/05/07 01:40 | お知らせCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
アフィリエイト・SEO対策